読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球好きの読み物

国内の野球情報をコアにディープにご紹介したい!野球好きさん応援ブログです。

【結果・速報】夏の高校野球大阪府大会2017!展望や注目校など優勝校の本命予想中!



Advertisement

2017年の夏の高校野球大阪府大会!
大阪といえば野球の熱さは全国トップクラスのイメージがあります!
高校野球は大阪のモノ・・・と言っても過言じゃないくらい。

 

だってね。
古くはPL学園から最近だと大阪桐蔭まで。
大阪府の高校ってどれだけ優勝してるんだろう?と思うほど。
毎年、毎年・・・強い高校が出場して甲子園を沸かしています。

 

それに最近の高校野球では大阪第二代表が問題と言われたりしています。

ピラミッドで例えますと・・・
大阪府のトップ球児は大阪の強豪校である大阪桐蔭や履正社などに進学しますが、
第二クラスは地方の強豪校に進学します。

青森県の青森山田や八戸学院構成、熊本県の秀岳館など。

 

例えば・・・
青森県でのレギュラーメンバーは全員大阪府出身で、
青森県出身のメンバーは1人もいない。

・・・こんな感じです。


地元での評判はすこぶる悪かったりします。
地元の人たちは地元の選手を応援したいのにみんな別の県出身みたいな。
これじゃあ、応援なんかしたくないよ。
大阪第二代表みたいなもんじゃん。

・・・と言われたりしているようです。

 

それが大阪第二代表問題。
まぁ、地元の人たちの気持ちが分からないでもないですね。

ちなみに・・・
大阪府出身の高校球児を積極的にレギュラーとして起用する監督の中にはこんな事を話すことも。

「ボクだって、基本的には地元出身の子を起用したいと思っています。
地元からの目や学校内でもそう言われますしね。
けどね、大阪出身の子っていうのは凄いんですよ。勝ち癖がついているというか、地元でのほほんと過ごしてきた選手とは違う。
最後まで粘り強いし、ちょっとやそっとではへこたれない。
そりゃあ、
高校入学してから一列に並んでレギュラーに向かって競争させますが、
技術面でもメンタル面でも抜きん出るのは大阪出身の子たちなんですよね」

 

大阪府って土地柄もあるんでしょうね。
そう考えると大阪府の甲子園予選は面白いです!!
他の県だったら余裕で甲子園出場するような高校が何校もあります!

大阪大会はプチ甲子園なのかも。

ぜひ夏の高校野球大阪府大会を注目していきたいですね!!

 

夏の高校野球大阪府大会2017の日程

抽選会:6/20

開幕:7/8

決勝戦:7/30

 

こちらになっています。

また2017年、夏の甲子園の日程や各都道府県の地方大会の日程を知りたい方は過去記事にまとめていますのでぜひ読んでいただけたらと思います。

www.shirotama.tokyo


2017年、大阪府大会の戦い方はコレ!ここに注目

 

大阪府大会では強豪校ともなると・・・

1-9番まで4番打者が並ぶようなもの。

しかも、エースを打ち崩しても次に出てくるピッチャーもエースと遜色ない実力。

本当にすごい選手たちがダイヤンモンドからベンチまで勢ぞろいです。

この強豪校の牙城をどう崩すかが焦点になりそう!

 

この強豪校に隙があるとしたらプレッシャー。

強豪校はいわば甲子園出場を義務付けられたようなもの。

監督、両親、世間から応援というプレッシャーはハンパないものがあります。

それを力に変えるのがベストですが・・・

プレッシャーに押しつぶされることも多いはず。

 

そこで・・・。

相手をいかに焦らせるのが重要。

先取点を狙い、どにか守り抜くというスタイルが戦い方になるかもしれません。

 

逆に強豪校はいかに先取点は取らせないか。

凡ミスをしないように一戦一戦、気を引き締めて戦うことが重要になってくるでしょうねー。これは。

 

 

夏の高校野球大阪府大会2017の優勝校を本命予想
(管理人の本命予想)

ボクが夏の高校野球大阪府大会2017の優勝校の本命はこの高校だと予想します!

★大阪桐蔭

個人的に本命は大阪桐蔭です。
投手陣、野手陣。もう盤石の体制!
1人怪我とかしても変わりの選手も凄いという厚み。

そして・・・
2017年、春のセンバツ甲子園大会の覇者ですからね・・・。
そりゃあ、本命だと思います。


しかも春の日本一!

中でも大阪桐蔭はスーパー2年生たちに大注目!
中学時代から146キロの速球を投げて投打に大活躍の根尾昴選手。
ショートも外野もピッチャーもやる化け物選手。

プロ野球のスカウト達の間ではミニ大谷翔平と呼ばれています。
それほどポテンシャルは半端ないものを持っています。

そして、
外野の藤原選手。
2017年、春のセンバツ甲子園大会決勝では
1番打者としてプレーボールのサイレンが鳴り終わらない前に先頭打者ホームラン!

その華麗なバッティングフォームに魅了される高校野球ファンも多いそうです。

他にも2年生にスーパー球児たちが揃い、

大阪桐蔭黄金時代の到来を予感させています。

 

この2年生主体のチームでどこまで行くのかが本当に楽しみです! 

 

そして、
大阪桐蔭に続くのはやはり履正社。
2017年、春のセンバツ甲子園大会の準優勝高校!

中でも有名なのは去年の夏からレギュラーメンバーとして活躍している安田選手。
早稲田実業の清宮幸太郎選手と比較されて、
東の清宮、西の安田と言われています。

西の超高校級スラッガー!
大阪府大会でも本塁打量産していくんだろうと楽しみです。

 

夏の高校野球大阪府大会2017の注目選手一覧

 

こちら分かりやすいように表にしてみましたよー(^^)/
多分・・・これからドンドンと増えていくと思います。。

 

選手名 高校名 学年 身長/体重 一言紹介
徳山 壮磨 大阪桐蔭 3 181cm/69kg プロ注目!大阪桐蔭のエース。安定感が良く小気味よいピッチングをする
竹田 祐 履正社 3 182cm/83kg MAX145km。去年の寺島に続く履正社の好素材。制球力が良く球は重い
田中 雷大 履正社 3 177cm/81kg 竹田に続く準投手。最速146kmで押していく投球スタイル
宮本 大勢 大体大浪商 3 182cm/83kg 重い直球で凡打の山を築く。試合を重ねるごとに成長するサウスポー
植田 健人 興国 3 180cm/76kg 古豪復活に宿命を背負う。球種も豊富で投打に活躍が期待できる。
岩本 久重 大阪桐蔭 3 182cm/82kg 遠投110Mを記録する強肩捕手。足も速く大阪桐蔭の扇の要を守る。
安田 尚憲 履正社 3 188cm/92kg 清宮幸太郎と並び評される西のスラッガー!その放物線は人々を魅了する
若林 将平 履正社 3 180cm/86kg 飛距離では安田にも負けない。ブレイク必至のプロ注目スラッガー
横川 凱 大阪桐蔭 2 190cm/81kg 高身長から放たれる速球は角度がある。すでにMAX144kmピッチャー
根尾 昂 大阪桐蔭 2 177cm/75kg MAX148km。2017年春の選抜では胴上げ投手に!野球センスの塊
柿木 蓮 大阪桐蔭 2 181cm/84kg ガッチリとした体格からMAX146kmの直球で勝負する。今後の成長に期待
羽田野 温生 汎愛 2 187cm/82kg 今後、ダークホースとして期待。まだ2年生なのにMAX144km
西山 虎太郎 履正社 2 180cm/66kg 細身ながらも野球選手抜群。ショートを守り好守好打の重要キーマン
山田 健太 大阪桐蔭 2 183cm/85kg 春のセンバツでは5試合で通算12安打の2年生最多タイ記録。飛距離抜群
藤原 恭大 大阪桐蔭 2 181cm/78kg 春の選抜決勝では先頭打者本塁打!走攻守三拍子揃ったスーパー2年生

 

ぜひ、お楽しみに!!

 


夏の高校野球大阪府大会2017の注目高校と展望

 

大阪桐蔭と履正社。
この高校を破るチームは現れるか?
ニュースター登場なるか?

・・・というのが大阪府大会の見どころです。

 

あれは2007年だったでしょうか。
そう、今から10年前。

あの頃の大阪府大会でも優勝候補は大阪桐蔭!
当時は現・日本ハムで4番として活躍する中田翔選手が
4番エースで優勝候補といわれていました。

誰もが甲子園出場は確実。
速報!甲子園の道でも連日・・・中田翔選手の今日の結果が伝えられるほど。

そして、
大阪府大会も大阪桐蔭は危なげなく勝ち進み、
決勝戦を迎えます。

決勝戦の相手は金光大阪!

 

しかし・・・

この試合で大阪桐蔭はまさかの敗退。。。

何が起きるか分からない。

高校野球の恐ろしさを知りました!

 

そんな何が起きるか分からない大阪府大会では、注目したいのが大阪桐蔭です!

2年生主体。しかも経験を積ませるために2年生主体なのではなく・・・

実力でレギュラーを勝ち取ります。

スーパー2年生チームなのでしょう。

このスーパー2年生チームがどこまで快進撃を続けるか注目です。

さらに・・・夏の甲子園でも優勝すると、2018年、春夏の甲子園で連覇の期待も!!

そんなことが起きると高校野球界はビックリ仰天ですわww

 

正直・・・

注目していたのは根尾昴選手でした。

中学時代からMAX146kmを投げていてどこに進学するか?と騒がられていた逸材。

大阪桐蔭に進学した時は怪我が心配でしたが、心配をよそにすくすく伸び伸びと成長!

これは大阪桐蔭の西谷監督の指導が良いのでしょう。

今では投手、ショート、外野の三刀流の大活躍!!

投手やってもMAX148㎞を投げますからねー。

本当に見てて面白い。心が躍る選手です。

 

・・・正直、根尾昴選手だけなんだろうなぁと思っていました。

そんなことなかった!w

 

2年生に140km越えのストレートを投げる横川選手、柿木選手。

野手では2017年、春のセンバツ甲子園でも大活躍した山田選手と藤原選手。

 

やー、もうね。

本当に将来が楽しみです!

最強チームが現れたのかもしれない。

彼らが高校三年生になる頃には150kmピッチャーが3人。

大阪府大会の記録を塗り替えるバッターが何人もいる。

そんなチームになるのかも・・・と期待してしまいます。

楽しみですねー(#^^#)

 

そんな大阪桐蔭に迫るのが履正社。

2017年、春のセンバツ甲子園では大阪対決に敗れ、準優勝!

しかし、

春、日本で二番目に強い高校ですからねー(^^)/

 

しかも!

西の超高校級スラッガー安田選手がいます。

このバッターを止められる投手がいるのかも見どころのひとつ。

履正社は共に145km越えの二枚看板ピッチャー。

そして

打撃陣も安田選手に飛ばす力では負けない若林選手など。

注目選手が多数!

もしかしたら・・・

今年が履正社、史上最強の世代なのかもしれません。

そうなると・・・

大阪桐蔭次期最強世代vs履正社最強世代・・・

熱いですねーーーー!!!!

もうメッチャ楽しみです(#^^#)

 

この2校に迫ってくるのが2016年秋季大会を制した上宮太子。

上宮太子のエース・森田投手は一年生の夏からベンチ入り。

制球力は抜群でスタミナも抜群で安定感も良く、監督からは絶大な信頼。

強力打線相手でも大崩れしないのが魅力的です。

 

そして・・・

今、台風の目となりつつあるのが古豪・興國高校。

半世紀前の夏の甲子園優勝から遠ざかっているが・・・

今年の夏は植田健人・中野 翔哉というチームの両輪を担う選手が成長。

植田選手はエースとして140km超の速球を見せ玉に5種類の球種を操る。

中野選手はチームの中軸として期待ができるスラッガー。

なんと春の大会では5本塁打という清原和博・中田翔選手らに並ぶ記録を打ち立てました。

さらに元・阪神の清原さんもサポート。

甲子園を狙うに盤石の体制が整いました。

 

そして・・・

大阪府大会で面白そうなのがこの選手。

大阪を代表する進学校・北野高校のエース牧野投手。

球速は常時135kmを記録。思いっきり投げると145km以上も計測できるのではないか?と思うほど。

 

サウスポーで2016年、秋の大阪府大会ではベスト8。

頭も良いから打ち取る術に長けているのかもしれませんね。

ダークホースとして名乗りを上げるかもしれません。

 

 

夏の高校野球大阪府大会2017の速報・結果サイトまとめ

 

さて、今回はそんな2017年、夏の高校野球大阪府大会の速報・結果サイトをまとめましたー(^^)/

ぜひご参考にしていただけますと幸いです(#^^#)

 

こちらが朝日新聞と朝日放送の高校野球情報サイトです。

速報・結果に加え様々なニュースも取り上げられています。

ぜひぜひオススメですよ(#^^#)

www.asahi.com



そして、なんと!

このブログでも2017年、夏の高校野球大阪府大会速報・結果をまとめています。

ぜひご参考にしていただけますと幸いです(#^^#)

更新頻度は遅いかもしれないですがよろしくお願いします。


夏の高校野球大阪府大会2017の速報・結果まとめ


開催までしばらくお待ちください。

 

 

夏の高校野球大阪府大会2017のまとめ&聞きたいこと

 

みなさんは夏の高校野球大阪府大会2017!

どこの高校が優勝すると思いますか??

もしよければ、

コメントなどいただけますと幸いですー(#^^#)