野球好きの読み物

国内の野球情報をコアにディープにご紹介したい!野球好きさん応援ブログです。

早稲田実業・清宮幸太郎の通算本塁打数はいくつ?この成績・評価なら2017年ドラフト1位は確実だと思う。



Advertisement

 Number(ナンバー)923号 怪物たちのセンバツ。 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))

⇒高校野球ランキングはこちら!

早稲田実業の清宮幸太郎選手って知っていますか?

そう、2017年プロ野球ドラフト会議で指名確実と言われている高校野球界の怪物です。
スーパースラッガーとしてプロのスカウト達から注目されていますねー。
一年生から甲子園で活躍していましたしね!
そこで今回は清宮幸太郎選手のまとめ完全版ということで・・・。


清宮幸太郎選手についてまとめてみましたー。
この一記事に全てを懸けます!・・・というくらい頑張りますのでよろしくお願いいたします!

 

 

清宮幸太郎はどんな選手なのか?

超高校級の清宮幸太郎選手。一体どんな選手なの?…と思っている人も多いはずΣ(・ω・ノ)ノ!
そこで…まずはザックリ紹介です。

 

清宮幸太郎
1999年5月25日生まれ
東京都出身
高校は早稲田実業
身長:184センチ
体重:100キロ
ポジション:ファースト・センター
右投げ左打ち
経歴:東京北砂→調布シニア→早稲田実業
(身長・進路などwikipedia風に紹介してみました)

 

小学校時代から大人顔負けの規格外な体格でホームランを量産してきたスラッガー。
リトルリーグでは世界選手権優勝に導いた。
中学時代はケガなどがあり、満足にプレーできなかったが全国大会優勝も経験。
そして、高校に進むと名門・早稲田実業で高校一年生ながら即レギュラー。
甲子園にも出場し2本のホームランを放ちました。
その打棒にプロ野球界から熱い視線が送られている超高校級スラッガーです!

ざっくり紹介でしたー・・・|д゚)
本当にざっくりとした紹介でしたねww
では、綿密に清宮幸太郎選手を調べたのでまとめていきます!

まずはどれくらいすごいのか…成績から。


清宮幸太郎の成績

輝け甲子園の星2017年5月号

輝け甲子園の星2017年5月号

 

清宮幸太郎選手の成績紹介です。

〇小学校時代の通算本塁打数:132本塁打
(東京北砂リトル時代)
〇中学時代の通算本塁打数:調べ中
(調布シニア時代)
〇高校時代の通算本塁打数:99本
(早稲田実業時代)
・高校1年時:22本
・高校2年時:55本

・高校3年時:22本

★甲子園での成績
2015年夏の甲子園
試合数:5試合
打率:4割7分4厘
安打:19本
本塁打:2本
打点:8得点

なんと、輝かしいのでしょうか。
やぱ、すごいなぁー。


清宮幸太郎の実力は?どうなるドラフト2017
これほど素晴らしい結果を残している清宮幸太郎選手。
これは間違いなくドラフト1位指名だろうなぁ…と思うのですが、
実際のところどうなのでしょうか?
気になるのが実力です。

 

ちなみに高校通算本塁打ランキングはこちらです!

本塁打 打 者 高校 年
107 山本 大貴 神港学園 2012
97 黒瀬 健太 初芝橋本 2015
94 伊藤 諒介 神港学園 2010
91 清宮幸太郎 早実 2017
87 中田 翔 大阪桐蔭 2007
86 大島 裕行 埼玉栄 1999
85 横川 駿 神港学園 2011
83 鈴木 健 浦和学院 1987
83 中村 剛也 大阪桐蔭 2001
73 岡本 和真 智弁学園 2014
71 高橋 周平 東海大甲府 2011
71 奥浪 鏡 創志学園 2013
70 城島 健司 別府大付 1994
70 平田 良介 大阪桐蔭 2005
69 筒香 嘉智 横浜 2009
65 大田 泰示 東海大相模 2008
64 清原 和博 PL学園 1985
60 松井 秀喜 星稜 1992
56 大谷 翔平 花巻東 2012

高校野球記録の通算本塁打107本のホームランを打った山本大貴選手は、
プロに進まずに現在は社会人野球でプレー。
山本大貴選手は自分の実力を客観的かつ冷静に分析し、
自分の打撃ではプロの投手を打てないと感じたため、
プロ志望届を出さなかったんだとか。

 

そりゃあねー。
高校野球とプロ野球のレベルはあまりにも違いすぎますもんね( ;∀;)
確かにですわw

 

〇清宮幸太郎選手の進路・ドラフト2017

アマチュア野球vol.42 (NIKKAN SPORTS GRAPH)

アマチュア野球vol.42 (NIKKAN SPORTS GRAPH)

 

2017年のドラフトではプロ野球の色んなチームが清宮幸太郎選手を狙っていると言われています。

なぜか・・・ネットで話題になっているのは阪神タイガースです。

掛布さんが一度、中学時代に清宮幸太郎選手を見たことがあるのでぜひ、阪神タイガースへ!!とその頃に話したようです。

この言葉通り、ドラフトの超目玉選手へと成長しました!

 

では、現在の清宮幸太郎選手。
プロ野球のスカウト達からはどう見られているのか?
その実力はプロ野球で十分に活躍できるものなのか?
スポーツ新聞に記載されているスカウト達の
清宮幸太郎選手へのコメントなどをまとめてみました。

 

〇SD・SAクラス
■楽天イーグルス
星野仙一SA
「たいしたもんだ。低めに対してバットが止まる。ポイントが近いんだろうな。(彼は)ホームランバッター。ああいうのを育てないといかんのだよ。ミートのうまい打者はいくらでもいるんだから」
■西武ライオンズ
渡辺SD
「ヘッドスピードが速い。柔らかさもあって対応能力がありそう」
■ヤクルトスワローズ
小川SD
「臆することなく楽しんでいるように見える」
「場慣れしている。大人の世界でもやれる」
「すごい。打った瞬間だったね。期待されている中、1年生で打つのは素晴らしいこと。末恐ろしいです」

 

〇GMクラス
■DeNAベイスターズ
高田GM
「どの球に対してもしっかりスイングができている。ヘッドスピードもあるね」
■阪神タイガース
中村GM
「モノが違う。とても1年生とは思えない。選球眼もいい」

 

〇統括クラス
■千葉ロッテマリーンズ
松本スカウト編成統括
「清宮君の一番遠いところに打った本塁打を見た。モノが違う。柔らかいリストを生かし、コンパクトに打つときと、豪快に振るときとを使い分けている」
「打席での雰囲気がある。誰しも成功している打者は“それ”を持っている。ぐっと観客の注目をつかむのは松井みたい。思ったよりも足が速い。これはお父さんの血筋でしょう」
「これだけお客さんを呼べる選手はなかないない。(元ヤンキース)松井秀喜選手のようなタイプ。1年生をは思えない雰囲気がある」
「スター候補の雰囲気がある」
■阪神タイガース
佐野スカウト統括
「初めて生で見ましたが、打席で雰囲気がありますね。体も大きい」

 

〇部長クラス
■読売ジャイアンツ
山下スカウト部長
「(創価大・田中の球は)速いと分かっても打てる球じゃない。1年生で4番は立派なもの。2年後が楽しみ」
「打球が速い。コンパクトなスイングで、リストが強い。久しぶりに清原、松井に続くホームラン打者になり得る素材。2年後も楽しみ」
「初めて見たが、立派な体で堂々とプレーしている。初めての甲子園で強い打球のタイムリーを放った。清原、松井とはタイプが違う」
「初めて見たが、打球が速い。体が大きいのに動ける」
■千葉ロッテマリーンズ
林球団本部長
「(創価大・田中の球を)プロでも打てなかった球を1年生で打つのはすごい。風格がある」
■中日ドラゴンズ
中田スカウト部長
「普通なら空振りする球。下半身の力があって、コンパクトに振れている」
「どうしても1点ほしいという場面でタイムリーを打ったのはさすが。プロで大成した選手は、甲子園のそういう場面で結果を出している」
「松井(秀喜=星稜出身)の1年の時を思い出した。また見たい。久しぶりに3年間見たいと思う選手」
「まず体が違う。持って生まれたもの。松井秀喜(元ヤンキース)が1年生で出てきた時を思い出した」
■楽天イーグルス
「すごい体の子がいるなと思いました。3年間でどれぐらいのスケールになるのか楽しみです」
「1年生ですばらしい体だし、巧い打撃も見せた。3年後、将来が楽しみな逸材」

 

〇リーダークラス
■DeNAベイスターズ
欠端スカウトグループリーダー
「10年に1人の逸材。ボールを捉える力と飛ばす力は飛び抜けている」
「高校生だと筒香以来の左の大砲じゃないか」
「1年生であれだけのパワーですから、魅力があります。打撃に柔らかさもある」
■オリックスバファローズ
中川隆治アマスカウトグループ長
「将来はシーズン日本記録の60本塁打を塗り替える可能性がある。こんな和製大砲はいない」
「メンタル面は高校生離れしている。ぶれずにやっていけると思う。あとは決断次第」

 

〇チーフクラス
■千葉ロッテマリーンズ
永野チーフスカウト
「打った瞬間は入らないと思ったけど(元ロッテ)李承燁みたいに、グーンと伸びる打球。アベレージヒッターのイメージだが、体が大きくて力があるから、飛距離が出る」
■ヤクルトスワローズ
鳥原公二スカウトグループチーフ
「これだけの舞台で、ああいうチャンスで打てるのだからたいしたもの。ああいう場面が回ってくるのもスター性があるから。まだ1年生だけど、やはり持っているものが違う」
「初の甲子園で力みがあり、上体だけで打っていたけど、タイムリーが出たことで持っているものがいい方向に出ると思う。1年から騒がれすぎて、打撃が崩れないかだけが心配です」
「やっぱり持っている。大観衆の前でもひるまないで、自分の力を出している。どれだけの選手になるか、怖くなりますね」

 

〇一般クラス
■中日ドラゴンズ
正津スカウト
「1位競合は間違いない。今年一番、足しげく通うことになる」
■読売ジャイアンツ
吉武真太郎スカウト
「間違いなくマークする選手。おのずと(視察する)回数も多くなると思う。これだけ集まるのだから、人を引きつける魅力がある」
「(清宮は)来年の最注目選手で、今年の最後を見たいと思っていた。体が大きくて強い。胸板が厚いけど、肩周りの柔らかさをすごく感じ、積極的な打撃が魅力です」
「本塁打は文句なし。神宮球場でも入っている。これで、まだ1年生だから、どこまでいくのか…」
■楽天イーグルス
沖原スカウト
「来年はずっと見に来ないといけない」
■日本ハムファイターズ
今成スカウト
「懐が深く、速いヘッドスピードで打ち返している。(バリー)ボンズみたいだ」
■千葉ロッテマリーンズ
諸積スカウト
「持っている男ですね。1、2、「のー」、3で打てる。「のー」の間があるから変化球にも対応できる。左の(元オリックス)清原さん。ホームラン打者はフォロースルーが大きくなるが、清宮君は清原さんのように小さい。それでも飛ばせる。リストが強いからでしょう」
■阪神タイガース
中尾スカウト
「すごいよ。雰囲気を持ってる。風があったにせよ、高1であんな打球は打てない。スイングの軌道ができている」
「初めて見たけど、打った瞬間、本塁打。あそこで(真っすぐを)1球で仕留めるんだから、たいしたもの」
■ソフトバンクホークス
山本スカウト
「星稜高時代に(先輩の)松井さん(秀喜氏)を見ているけど、あの本塁打で松井さんを思い出した」
■オリックスバファローズ
早川大輔スカウト
「1年生の体格じゃない」


★ボクの感想
良い評価が多いですね!
実力的には申し分ないと思いますが、ここに挙がっていない球団のスカウト陣はどう思っているのかも気になるところですね。
清宮幸太郎選手は斎藤佑樹投手のように人気はバツグンなので、実力が足らなかったとしてもお客さんを呼べる選手だと思います。
・・・となると!

今、お客さんが減少している球団がドラフト指名してくる可能性もあります。
巨人とかドラフト2017で清宮幸太郎選手を指名する可能性はありそうです。

そうなった時、
第二の松井秀喜になるか、第二の大田泰示になるか?
気になるところですね。
清宮幸太郎選手の実力は高校球児としては申し分なさそうです。
全国で甲子園でプロ級のピッチャーと対戦した時にその真価が問われるのかもですね。


そして改めて言わせていただきます。
「清宮幸太郎選手への評価ハンパねぇーーーーー!」

とくに巨人がマークしていそうですね。
過去の巨人のドラフトを見てみると・・・意外にもドラフト上位指名で野手を指名することが多いです。
なぜなんだろうか……。
清宮幸太郎選手は今の時点で人を呼べる選手です。
実力がまだまだプロに匹敵しないにしても客寄せパンダ的な要素で獲得に手を挙げる球団も多そうですね。
どうなることやら、プロ野球ドラフト会議2017。
ヤクルトもマークしているんだとか。でも親御さんは早稲田大学に進学してほしいとも言われているんだとか。
でも、プロに行っても大学に行ってもどっちも楽しみですね!

さてさて…
そんな清宮幸太郎選手はどうやって今の清宮幸太郎選手へと成長していったのか?
こちらも調べてみましたよ!

 

 

〇清宮幸太郎の幼少期

甲子園強豪野球部 最強エース育成ノート (OAK MOOK-615)

甲子園強豪野球部 最強エース育成ノート (OAK MOOK-615)

 

まずは清宮幸太郎選手の生い立ちから小学校入学まで見ていきましょう。
1995年5月25日に生まれた清宮幸太郎選手。
やはり、大物になる人物は幼少期から違います。親の育て方が違います。

清宮幸太郎選手のお父さんはラグビーの名将・清宮克幸さん。
お母さんもスポーツ万能でフードマイスターの資格を持っています。

そのため
幼少期から色んなスポーツを経験したようです。
そして、食事面ではバランス面を考えながら栄養価の高い食事を食べてきたんだそうです。
ビッグマックとか中学生になり初体験だったそうです。
これにはもう驚きでしたよ・・・。ボクは・・・。

幼少期から色んな環境や色んな機会を親御さんが与えたんだと思います。
なんて素敵な子育てなんでしょうか。
将来の参考にしたいです。


〇清宮幸太郎の小学校時代

少年野球―上達法がよくわかる完全図解 (集英社版・学習漫画)

少年野球―上達法がよくわかる完全図解 (集英社版・学習漫画)

 

では、清宮幸太郎選手がなぜ野球を始めのめり込んだのか?
転機は小学一年生の夏でした。
清宮幸太郎選手は早稲田大学初等部に入学しています。

清宮幸太郎選手のお父さんの清宮克幸さんは早稲田大学の出身です。
おそらく充実した教育で育ってほしいという意味合いから
そのため、エスカレーター式での早稲田大学進学も見越していたのかもですね。

http://chi-vi.com/take-exam-of-wades-syotobu-791.html

初等部から入学すると受験戦争とは無縁らしいですよ!


そして、
清宮幸太郎選手が2006年、小学校1年生の時、
早稲田実業で大きな偉業を成し遂げます!
そう。
それが斎藤佑樹投手率いる早稲田実業が甲子園優勝したのです!

2006年、夏の甲子園。
快進撃を続ける早稲田実業と斎藤佑樹投手。

お父さんの清宮克幸さんは早稲田大学出身。
たまたま系列の応援に清宮幸太郎選手を連れてかけつけたそうです。
試合は天下分け目の決勝再試合。

真夏のアルプススタンドから声援を送りました。
そして、北の怪物として田中将大投手率いる
優勝大本命の駒大苫小牧打線を破って早稲田実業が優勝!日本一!


その出来事は清宮幸太郎少年の心を大きく揺れ動かしました。
その日から早稲田実業のユニフォームで
甲子園で自分が活躍する姿を夢描くようになったそうです!


まるで何かの運命みたいですねΣ(・ω・ノ)ノ!


そして野球チームに入団します。
お父さんは清宮幸太郎少年を後押しするため、
家の地下室に室内練習場を作ったそうです。

すごいなぁ。

そして、
親子でバッティングセンターに行くと
一緒にホームラン数を競ったそうです。
なんて良いお父さんなんだぁー( ;∀;)涙

そんな清宮幸太郎選手が小学校時代に所属したのが
リトルリーグの東京北砂リトル。
東京北砂リトルは世界選手権にも出場し優勝するなど実績、実力ともに兼ね備えたチームです。
2012年、2015年リトルリーグ世界選手権優勝を果たすなど素晴らしいチームです。


〇清宮幸太郎の中学時代

中学野球太郎 VOL.14 (廣済堂ベストムック 356)

中学野球太郎 VOL.14 (廣済堂ベストムック 356)

 

そして、清宮幸太郎選手が中学一年生になるとついに世間にプチ衝撃を与えます。
なんと!アメリカで開催されたリトルリーグ世界選手権で優勝。
しかも、3番エースとして。

この頃から怪物でした。
清宮幸太郎選手。

球速のMAXは129キロ!
中学一年生でもうそんな速い球を><
そして、
東京北砂リトル時代の通算本塁打数は132本塁打!
100越えるって笑
まるでプロ野球選手の本塁打記録並み。
本当にすごいですね(^^)/


ちなみに、
当時、アメリカで開催されたリトルリーグ世界選手権。
これ今でも覚えているんですけども、
確かニュースでも取り上げられていて
清宮幸太郎選手が特集されていたのを覚えています。

当時の記録です。
------------------
【打撃成績】
5試合通算12打数8安打で打率・667、3本塁打。
※大会史上最長のホームラン飛距離も記録(94m)

【投手成績】
2試合2勝0敗15奪三振。
------------------

この試合を見に来ていた現地の野球ファンたちは、
その体型と能力から和製ベーブルース、ヤング・ルースと呼んだそうです。
アメリカ人も納得するほどの怪物ぶり。
本当にすごいですー。


…てゆうか、
完全に大人やん!清宮幸太郎選手の体格バツグンですね。
そして、中学一年生でこの活躍ぶり。

しかし・・・。
ここから中学時代の清宮幸太郎選手は少し低迷期に入ります。
理由は、身体が出来上がっていなかったから。
打撃練習もティーバッティングもできず・・・
一年間のドクターストップを喰らったそうです。

スイングスピードが速すぎて腰を疲労骨折。
疲労骨折するほどのスイングスピードの速さって恐ろしいですね。

これが中学1年生の冬の出来事。
それから1年間、休養することになりました。
休養中は筋トレや体作りやリハビリなどに励んだそうです。

やっと腰が良くなってきたのが中学2年生の冬から中学3年生の春にかけて。
チームは全国大会に出場しました!

しかし、
大会ではベンチ入りしたものの、控えとしてベンチからチームに声援を送ったんだそうです。
そりゃあ、簡単にレギュラー取れるわけじゃないですもんね。


・・・とか思っていたら、夏にはもうレギュラーに!


中学3年生の夏では主力として全国大会に出場してチームは全国制覇!
すごい!世界制覇と全国制覇を中学生で達成しちゃうんだから。


中学時代にはすでに進路が注目されていて、
色んな有名人が清宮幸太郎選手を会いに訪れています。

元・阪神タイガースでホームラン王を獲得した掛布雅之さんは、
中学時代の清宮幸太郎選手の実際のバッティングを見て驚愕したそうです!

 

「これだけ大きさがあって今中学生でしょ。清原、松井クラスじゃないの」


「高校時代の松井よりも柔らかい。強さは松井の方があるけど、打ったら意外に負けないかもしれない」

 

もちろん、清宮幸太郎選手はすごいですが・・・。
その活躍を予見していた掛布雅之さんもすごいですね!

あとこちらも元・阪神タイガースの赤星憲広さんもテレビの取材も兼ねて
清宮幸太郎選手に会っています。

もう中学生のスイングじゃないと驚いていました。
そして、実際にボクはリアルタイムで見ていたんですけど・・・
あの赤星憲広さんが小さく見える。

本当に大きいんだろうなぁ・・・とテレビを見ながら思っていましたね。


ちなみに中学時代は練習の時から飛距離160mの長距離弾を連発していたらしいです。
しかも、バットの重さはプロ用を使用。
どんだけ、意識が高いんだろうか・・・・。


そんな清宮幸太郎選手。
野球漬けの毎日なんだろうなぁ・・・と思いきや、そんなことありませんでした!
実は清宮幸太郎選手は中学時代、英語部に所属。

・・・英語部ってすごいですね。

しかも、
中学時代にアメリカへホームステイを行ったらしいです。
本当にすごいなぁ。

中学時代の成績はオール5に近い成績も・・・。
理想の息子って感じですね( ;∀;)

 

★ボクの感想
清宮幸太郎選手は中学時代から本当にすごいですね!
ただ腰を痛めた期間にもっと練習ができていたら、
もっともっと伸びていたのでしょうね。
いや、この怪我があったから精神面で成長できたのかもしれないですね。

中学時代は天国と地獄がいっぺんに来たような感じですね。
それでも腐らずに自分を磨いてきた姿は本当に見習いたいものです。
ボクもがんばるぞ!!!

 

あと彼女とかいるのかが気になるところですわーw

可愛い彼女とか実はいそうだけども・・・

野球に勉強に忙しいから、そんな恋に現を抜かすようなヒマはないのかもしれませんね。

 

今年の夏は本当に楽しみです!

なので、どうしても甲子園に出てほしいものです。

高校三年のラストイヤー!!ぜひ活躍してほしいものですね!

 

〇清宮幸太郎の高校時代

高校野球 2017年 05 月号 [雑誌]

高校野球 2017年 05 月号 [雑誌]

 

高校時代での活躍ぶりはみなさん知っていると思います。

高校一年生の夏からスーパー1年生として甲子園出場!
ベスト4に輝いたのは記憶に新しいですね。
ホームランも2本打って、まだ1年生なのに清宮フィーバーを巻き起こしました!


そして、
2016年は甲子園出場こそならなかったものの明治神宮大会準優勝!
2017年の春にはセンバツ甲子園出場予定となっています!

 

〇清宮幸太郎まとめ

今回は清宮幸太郎選手【完全版】としてまとめてみました!
しかし、今後も随時、更新していく予定です。
ぜひ度々、見ていただけますと幸いです。

もっともっと中身は充実させていくので楽しみにしていただけますと嬉しいです(#^^#)