読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球好きの読み物

国内の野球情報をコアにディープにご紹介したい!野球好きさん応援ブログです。

柳裕也(明治大)紹介!Twitterに中学時代・高校時代・大学時代も!2016年ドラフト候補



Advertisement

ついに2016年10月20日はドラフトの日です!

ここでどの選手がプロに指名されるのか非常に楽しみですね。

今回は、明治大学のエースとして活躍している柳裕也投手を取り上げてみたいと思います。

柳裕也投手は最速150キロのストレートが武器の本格派投手です。

その完成度は世代ピカイチ!すぐにプロでも活躍する逸材ともいわれています。

そんな柳裕也投手のTwitterや中学時代・高校時代・大学時代に迫ってみたいと思います。ぜひ読んでいただけると嬉しいです。

 

柳裕也のTwitter

Twitterですが探したのですがありませんでした。

すみません><

同姓同名で野球をやっている方のTwitterならありましたorz

 

 

柳裕也の小学校・中学時代

柳裕也投手は宮崎県都城市の出身です。

小学校は地元の大王小学校に入学しました。

野球を始めたのは小学校三年生。

志比田スポーツ少年団の野球チームに所属していました。

そして・・・小学校6年生の時には全国大会でエースとして優勝しています。

ハンパないなぁ・・・。

ただ悲しい出来事がひとつ。

小学校6年生の時に柳裕也投手はお父さんが交通事故で他界。

柳裕也投手のお父さんは野球経験者ではなく、野球の本を見ながら柳裕也投手の野球について教えてくれたそうです。

そして、その後はお母さんの薫さんが女手一つで柳裕也投手を育てたんだそうです。

 

中学時代は宮崎県の小松原中学校に進学。

最初は軟式野球部に所属していたのですが・・・

周りと比べて柳裕也投手の実力は飛びぬけていました。

そのため、より高いレベルで野球がしたくて

軟式野球部をやめて中学2年生から都城リトルシニアでプレーしました。

また中学時代はシニアの日本代表に選出され、少年野球全米選手権大会優勝に貢献。

さらに、その大会で最も優れた投手である証の「サイ・ヤング賞」を受賞!

まさに順風満帆といったところでしょうか。

中学時代の最高球速は135キロだったそうです。

そんな柳裕也投手。

中学三年生ではどこの高校に進学するか悩んでいたそうです。

中学時代にこれだけの実績を残せば引く手あまた。

地元の強豪校からもの熱心な誘いがあったそうです。

ただ柳裕也投手は軟式野球部から硬式リトルシニアにステージを移したように

高い環境、自分自身が成長できる環境で野球をやりたいと思っていたそうです。

その中で・・・日本全国の高校を見て・・・

投手の育成が上手い、安定して好投手が育っていて、

柳裕也投手が憧れている松坂大輔投手や涌井秀章投手が在籍した横浜高校に進学したいと思っていたそうです。

もちろん、迷いはあったと思いますが・・・

招待試合で横浜高校が宮崎まで遠征にきたそうです。

この時に柳裕也投手は運命だと思い、横浜高校進学を決意しました。

 

柳裕也の高校時代

柳裕也投手は高校時代では1年生の秋から公式戦に出場!

二年生の春のセンバツ出場にも貢献しました。

一回戦の波佐見高校戦で甲子園デビューしました。

ストレートの最高球速は141キロです。

全国大会常連の神村学園との練習試合で記録したそうです。

 

二年生の夏では県大会5試合で先発!

もうすでにエース格の投手でした。

そして甲子園にも出場しました。

ハッキリ言って打たれていませんが救援の投手が打たれて敗退しました。

 

そして、

三年春もセンバツ出場!

その後は調子を落としてしまいました。

三年の夏は松井裕樹率いる桐光学園に敗れました。

この頃のグローブには母への恩返しと刺繍されていたそうです。

 

柳裕也の大学時代

明治大学に進学すると早稲田大学戦で初登板!

高校時代・・・なかなか超えられなかった141キロの壁を越えて、

自己最速の143キロ!

一年生の秋では145キロ!

二年生の春ではもうエース格に!

二年生の秋では開幕投手も経験し六大学野球でも注目の投手となりました。

三年生の春も順調に終え、三年生の秋ではベストナイン受賞。

三年生の夏には大学代表として国際戦に臨み優勝!

 

最高球速は150キロ超え!

そして、300奪三振を達成しています。

 

柳裕也のドラフト指名球団は?

中日が有力です!

中日と明治大学は深いパイプがありますしねー><

あとは横浜DeNAベイスターズも指名してくるかな?とも。

 

 

さて今回は、柳裕也(明治大)紹介!Twitterに中学時代・高校時代・大学時代も!2016年ドラフト候補という内容で記事を書きました。

ぜひ参考にしていただけると嬉しいです。